月額¥980で見放題!!! マンションの語源である英語では豪邸などの意味で用いられることが多く、共同住宅の意味はほとんどありません。宝塚 貸店舗で豪華なマンションを!

ヒース・レジャー 主な出演作

なんといっても一番有名なのはジョーカー役

 さてそんなヒース・レジャーですが、なんといっても最も彼を有名にしたのはクリストファー・ノーラン監督の映画、ダークナイト三部作の二部作目である「ダークナイト」における「ジョーカー」の役でしょう。このジョーカーという役柄ですが、ただれたピエロのメイクにナイフで来られたような傷がある口が特徴のキャラクターですが、ありとあらゆる凶悪犯罪をまるでジョークかのように行う非常にクレイジーな役柄です。彼はその役をまるで魂が乗り移ったかのような演技で演じきり、その鬼気迫る役作りから、「ジョーカーの役が原因で亡くなってしまったのではないか?」とまで言われるようになってしまっています。かれはこの演技によって、アカデミー賞助演男優賞を受賞しました。

時計じかけのオレンジを参考にしたらしい

 そんなジョーカー役を演じるにあたって、彼は一ヶ月間ホテルにこもって、独特な笑い声や笑い方を作り上げていったそうです。特にその際に参考にしたのはスタンリー・キューブリック監督による映画「時計じかけのオレンジ」の主人公であるアレックスであったといいます。確かにこのアレックスという役柄も狂気の犯罪者というものでしたが、ジョーカー役にも似通ったものが反映されているのを確認し、何となく納得がいった記憶があります。

本気で殴れと指示

 また、バットマンがジョーカーを尋問するシーンがあるのですが、このシーンにおいてヒース・レジャーは、バットマン役のクリスチャン・ベールに対して、「全力で、本気で殴ってくれ」と指示を出していたようです。あのメチャクチャ痛そうでありながらも狂気の笑い声を絶やさないジョーカーの尋問シーンには、そんな本気のやりとりがあったとしって、流石に普通に役者でもそこまでは出来ないのではないかと、彼の演技に対する姿勢に本当に頭がさがる思いにされられます。

カンヌ映画祭出展作品特集

トラブルすらも演技で乗りこなす

 実はこのダークナイトですが、ジョーカーが病院を爆破するワンシーンで、実際に本当に病院のセットを爆破しているのです。監督のクリストファー・ノーラン氏がなんでもCGで補うという最近の傾向が好きではなく、どうやら「CGを使うと嘘っぽくなるから」という理由によって本当に病院を爆発させる事になったらしいのです。一般的にはデジタルダブルと呼ばれる手法(CGで人間を作り、CGで演技をさせること。主に非常に危険なスタントシーンや現実では撮影不可能なシーンでよく使われる手法)を利用して撮影する事が殆どだったのですが、目の肥えている人は実写やCGの違いを見抜くので監督自身もそれが嫌だったからということだったのでしょう。ともかく、大金を積んで一発撮りで病院爆破のシーンを撮影することになったのですが、ここであり得ないアクシデントが発生してしまいます。

 なんと途中で、病院の爆破が止まってしまったのです。ジョーカー役のヒース・レジャーが病院から出てしばらく歩いた時点で爆発する予定が、全く爆発せずに殆ど放送事故のような状況になってしまったのです。そんな状況で彼は「何度もボタンを押すというアドリブ」をとっさに行って、違和感なくシーンを繋ぐという離れ業を行っています。

 実際にその演技を行っているシーンがこれです。

 完全にスタッフのミスによって引き起こったトラブルがあたかも意図された演出であるかのように、しかも、普通に爆破するよりもよりジョーカーらしく魅力的に仕上がっているというところに、彼の異常とも言える才能が光っているワンシーンであると言えるでしょう。

1992 Clowning Around オーファン・クラウン役
1997 Blackrock トビー役
Paws オベロン役
1999 Two Hands ジミー役
恋のからさわぎ パトリック・ヴェローナ役
2000 パトリオット ガブリエル・マーティン役
2001 チョコレート ソニー・グロトウスキ役
ROCK YOU! ウィリアム・サッチャー卿役
2002 サハラに舞う羽根 ハリー・フェバーシャム役
2003 悪霊喰 アレックス・ベルニエ役
Ned Kelly ネッド・ケリー役
2005 ブラザーズ・グリム ジェイコブ (ヤーコプ・グリム)役
ロード・オブ・ドッグタウン スキップ・イングロム役
ブロークバック・マウンテン イニス・デル・マー役
カサノバ ジャコモ・カサノヴァ役
2006 キャンディ ダン役
2007 アイム・ノット・ゼア ロビー・クラーク (ボブ・ディラン)役
2008 ダークナイト ジョーカー役
2009 Dr.パルナサスの鏡 トニー役

洋画大好き! 企業にとって非常に重要な歯車となり、様々な分野で活躍が求められる秘書の求人情報は美職へ! 応募された方が秘書として活躍できるよう、キャリアアップ指導を始めとしたカウンセリングをご用意しております。

受賞歴

平成17年度
主演男優賞 (国外) 『ブロークバック・マウンテン』 (オーストラリア映画協会賞 )
Reader's Choice Award for Best Actor 『ブロークバック・マウンテン』(オーストラリア映画協会賞 )
ベスト・キス賞(ジェイク・ギレンホールと共に) 『ブロークバック・マウンテン』 (MTVムービー・アワード )
主演男優賞 『ブロークバック・マウンテン』 (ニューヨーク映画批評家協会賞 )

平成19年度
ロバート・アルトマン賞 『アイム・ノット・ゼア』 (インディペンデント・スピリット賞 )

平成20年度
助演男優賞 『ダークナイト』 (アカデミー賞)
主演男優賞 (国外) 『ダークナイト』 (オーストラリア映画協会賞 )
助演男優賞 『ダークナイト』 (英国アカデミー賞 )
助演男優賞 『ダークナイト』 (ゴールデングローブ賞 )
助演男優賞 『ダークナイト』 (ロサンゼルス映画批評家協会賞 )
悪役賞 『ダークナイト』 (MTVムービー・アワード)
助演男優賞 『ダークナイト』 (放送映画批評家協会賞)
助演男優賞 『ダークナイト』 (全米映画俳優組合賞)