ジュード・ロウ

ガタカ、リプリーなどで有名に!

 イギリスの俳優の中でジュード・ロウというとかなり有名な俳優の一人だと言えます。彼は、幼いことから演技を学んでいただけあってか、その演技力を特に高く評価されており、本作、Dr.パルナサスの鏡、でもその演技力は健在です。特に、ガタカ、リプリー、そしてシャーロック・ホームズシリーズなどで有名な俳優で、平成11年の映画『リプリー』ではアカデミー助演男優賞にノミネートされ、その美貌と才能で一躍名を馳せました。

カンヌ映画祭出展作品特集

生い立ち

 ロンドンで、教師をしていた両親の間に生まれ、その後12歳から演劇を始めます。17際になってテレビドラマに出演するチャンスを得るために高校を中退し、映画の出演前には、多くの舞台にて活躍しておりました。それにより1994年ではローレンス・オリヴィエ賞の新人賞にノミネートされ、平成7年にブロードウェイで公演されたキャスリーン・ターナーやアイリーン・アトキンスと共演した『Indiscretions』でシアター・ワールド賞を受賞、トニー賞助演男優賞にノミネート、ロンドン公演でイアン・チャールソン新人賞を受賞しています。更にその後も平成5年『ショッピング』で映画デビューを果たし、数々の映画からの出演オファーが届くようになりました。また平成11年のアンソニー・ミンゲラ監督作品『リプリー』でプレーボーイのディッキー・グリーンリーフを演じ、アカデミー助演男優賞にノミネート、英国アカデミー賞 助演男優賞を受賞するとその地位は確実なものへとなっていったのです。

 また平成15年公開の『コールド マウンテン』でにて再びアンソニー・ミンゲラ監督とタッグを組んで、アカデミー主演男優賞にノミネートされる快挙を果たしています。平成21年5月からはウエスト・エンドでシェイクスピア劇『ハムレット』に出演し、8月にはデンマーク、9月からはブロードウェイでも公演を行いました。

 またDr.パルナサスの鏡の後も、ヒューゴの不思議な発明にて、父親役を演じたり、シャーロック・ホームズシャドーゲームにて、ジョン・ワトソン役を演じるなど、その活躍の幅はどんどんと広がっていっています。アンナ・カレーニナやサイドエフェクトなどにも出演しております。個人的には360にて演じていたマイケルデイリー役が非常に好きです。

洋画大好き!

主な出演作品

1993 ショッピング ビリー
1996 プラトニック・ゲーム イーサン
1997 真夜中のサバナ ビリー・カール・ハンソン
ガタカ ジェローム・ユージーン・モロー
オスカー・ワイルド Lord Alfred Douglas
ベント/堕ちた饗宴 ナチス突撃隊員
1998 クロコダイルの涙 スティーヴン・グリルシュ
1999 ロンドン・ドッグス 
ミュージック・フロム・アナザー・ルーム ダニー
リプリー ディッキー・グリーンリーフ
イグジステンズ テッド・パイクル
2000 スターリングラード ヴァシリ・ザイツェフ
ファイナル・カット 本人役
2001 A.I. ジゴロ・ジョー
2002 ロード・トゥ・パーディション マグワイア
2003 コールド マウンテン インマン
2004 アルフィー アルフィー
クローサー ダン
アビエイター エロール・フリン
ハッカビーズ ブラッド・スタンド
レモニー・スニケットの世にも不幸せな物語 レモニー・スニケット
スカイキャプテン ワールド・オブ・トゥモロー スカイキャプテン(ジョー・サリバン)

2006 オール・ザ・キングズ・メン ジャック・バーデン
こわれゆく世界の中で ウィル
ホリデイ グラハム
2007 マイ・ブルーベリー・ナイツ ジェレミー
スルース マイロ・ディンドル
2009 シャーロック・ホームズ ジョン・ワトソン
Dr.パルナサスの鏡 変身後のトニー
2010 レポゼッション・メン レミー
2011 コンテイジョン アラン・クラムウィード
ヒューゴの不思議な発明 父
シャーロック・ホームズ シャドウ ゲーム ジョン・ワトソン